水道水 危険

普段あまり気にすることなく口にしている水道水の安全性について疑ったことはないでしょうか。

 

日本は世界各国の中でも安全に水道の水を飲むことができる数少ない国として認知されていますが果たして本当に安全なのでしょうか。

 

日本の水道の水は世界一安全といわれていた時代もありましたが、最近では安全性が気になる、あるいはあまり美味しくないからという理由で水道水を飲まずにミネラルウウォーターを購入する人が増えているとされています。

 

飲料水についてのアンケート調査では実際にそのまま飲んでいる人は3割程度であり、飲んでいるという人の中でも一度沸かして冷ましたものを飲んでいた炭を加えたりして飲むなど、そのまま飲んでいるという人は非常に少ないとされています。

 

その理由として考えられるのは多くの人がそのまま水を飲むことに対してや危険を感じているせいではないかとされています。

 

そもそも、水道の水はどうやって作られているのかをご存知でしょうか。

 

日常生活の中で使われるトイレの水、食器を洗った後の水、お風呂の水などこれはすべて水道水の原水であり、浄水場ではその水に塩素を2回加えて殺菌消毒をしてそのまま水を飲んでも感染したり病気にならないようにしています。

 

安全性を確保する上で塩素での消毒は欠かせないものですが、それだけ多くの塩素を使って消毒をしているのですからどうしても水の中に塩素が残ってしまうのは否めません。

 

そこで、水道局では1ℓ当たりに0.1mg以上の塩素が残るようにルールを設けているのです。

 

浄水場から最も遠く離れた家の水の中に残る塩素が最低0.1mgですから、浄水場が比較的近い家の水道水の塩素濃度はプールの水よりも高い濃度になっていることになるのです。

 

その他に、浄水場では水の中に含まれる細かいチリやごみを集める薬を使用しているのですがこれはアルミを含む薬品であるため水道の水を飲むことで一緒にアルミも飲んでいることになるのです。

 

そして、い中の水だから安全では飲んでいる人もいることかと思われますが、畑や田んぼがある近所の浄水場の水には農薬が混入していることもあります。

 

人工的に作られた化学物質はバクテリアの餌とはならずにどんどん水の中に蓄積されていきますので、水道の水を飲むことでそれが体内に入ると肝臓がんや子宮がんを起こす恐れがあるのです。

 

このように、実は体内に入ることで非常に危険性が高くなるため、水道水の安全性をそのまま鵜呑みにせずにもう一度良く考えてみることをおすすめします。